そばの栄養価が高いわけ

そばは栄養価の高い食べ物ですが、その秘密は精製しないで全粒(むぎ実)として利用することです。米・小麦など穀類のほとんどが、精製により、栄養たっぷりな胚芽の部分を取り除き、胚乳部だけを食べるのに比べ、そばは胚芽や種皮の一部も食用にできるからです。

そばは、タンパク質がたっぷり

お蕎麦

タンパク質は、私たちの生命の維持や成長に欠かせないものです。そばにはこのタンパク質が多く、精白米の9.2%に対してそばは12.1%と3割以上も多く含まれています。また、質的にも良質です。それはタンパク質を構成しているアミノ酸価で調べますが、完全食品といわれる鶏卵を100とするとそばは92とほぼ牛乳に匹敵し、精白米の65に比べても大変高いものです。しかも体内では作ることの出来ないアミノ酸、特に必須アミノ酸が多く含まれていることが特長です。身体の発育に大切なリジンやスタミナ源として注目されているアルギニンなどの必須アミノ酸が多く含まれており成長期の子供に適した食べ物なのです。

そばは、ビタミンB群の宝庫

そばにはビタミンB群が多く含まれています。とりわけビタミンB1、B2は精白米の4倍も含まれているのです。B1は体力の低下、イライラ、食欲不振の解消に効果を発揮します。また、B2は皮膚や粘膜を健康に保つために欠くことのできない栄養素です。最近、イライラして怒りっぽくなったり、少しの運動で疲れたり息切れする子供たちが見受けられますが、ビタミンB群の不足かもしれません。そばをたくさん食べてビタミンB群を補給しましょう。

お酒の好きなお兄さん、高血圧を心配するお父さんへ

お酒

そばは穀類で唯一ルチンを含んでいるといわれています。ルチンはビタミンPの一種で老化により細くなった毛細血管を強化し血圧を下げる効果があります。また、そばにはコリンという成分が含まれています。このコリンは肝臓の働きを促進する効果があり、飲酒によって肝臓に脂肪がたまるのを防いでくれます。お酒はおそばと一緒に飲むと良いでしょう。

肥満を気にするお姉さん、便秘に悩むお母さんへ

茹でたそばは炊いたご飯と比べて1割以上もカロリーが少ないので、肥満気味の人にはダイエット食としてお勧めできます。また、最近注目されている食物繊維もそばには多く含まれています。食物繊維は体内で消化・吸収されませんが、整腸作用という重要な役割を果たしています。便通を整え、腸内にあるコレステロールや有害物を水分と共に体外に排出してくれます。便秘は肌の大敵。おそばは、きれいな肌、スリムな身体をお約束します。

そばの栄養素

そばの栄養素

コンビニ食全盛の世の中にあって、蕎麦は生活習慣病を予防する自然の健康食として今、世界中で(ちょっと大袈裟か)最も注目される食材の一つに上げられます。それは、蕎麦の持つ栄養素がバランス・質、共に究めて優秀な食べ物だからです。その秘密は、精製しないで全粒(むぎ実)として利用していることです。

まず、代表的な物とすればタンパク質が上げられます。タンパク質は生命の維持や成長に欠かせない物です。 蕎麦の持つタンパク質は、精白米の9.2%に対して12.1%と3割以上も多く、質的にも良質で穀物最高といわれています。それはタンパク質を構成しているアミノ酸価で調べますが、完全食品といわれる鶏卵を100とすると蕎麦は92とほぼ牛乳に匹敵し、精白米の65に比べて大変高い物です。
しかも体内では作ることの出来ないアミノ酸、特に必須アミノ酸が多く含まれているのが特徴です。身体の発育に大切なリジン、スタミナ源として注目されているアルギニンなどの必須アミノ酸が多く含まれていて、成長期の子供にも適した食べ物です。

さらに、便秘症の解消に役立つヘミセルロース(食物繊維)は、白米の2.5倍と言われ、体力の低下、食欲不振、イライラを予防するビタミンB1は白米の4倍から5倍も含まれています。他には、口内炎や皮膚、粘膜を健康にするビタミンB2、老化防止に役立つビタミンE、ガン・肝硬変・脂肪肝を予防するコリン、そして今話題のポリフェノールなども蕎麦には含まれています。

ポリフェノールとは、血管を丈夫にしたり、様々な病気を引き起こす活性酸素を除去する働きがあります。特に、蕎麦に含まれるそばポリフェノールは脳の記憶細胞が死滅するのを防ぎ、ボケ(老人性痴呆症)防止に役立つと去れています。

その、ポリフェノール類の中で最も注目を集めているのがルチンと言われる物質で、穀物類では蕎麦だけが持つ究めて特殊な物質です。 ルチンとはビタミンPの一種で、毛細血管を強化し血圧を降下する働きがあり、心臓病や脳血管障害、動脈硬化や高血圧の予防になると言われています。また、膵臓機能を活性化する為、糖尿病の予防と制御にも役立つと言われています。 飲酒によって、肝臓に脂肪がたまるのを防ぐ働きもあります。お蕎麦屋さんで一杯というのも理にかなっているのですね。

これらの事から分かる様に、蕎麦は、生活習慣病を予防する健康食としてとても素晴らしい食品なのです。

女性にもおすすめの健康食

まず蕎麦には良質なタンパク質が豊富。その含有量は米やうどんとは比べものにならず、牛乳なみ。体内で作れない必須アミノ酸が多いのも特徴です。

さらに蕎麦は、ヘミセルロースという食物繊維を多く含みます。一日に必要な食物繊維の量は20グラムが目安。蕎麦一食で、5グラムの食物繊維がとれます。女性に多い便秘の悩みにも、蕎麦はおすすめです。一日一食蕎麦を食べ続けただけで、便秘が解消されたという報告もあるそうです。

そして近年注目されているのが、蕎麦に含まれるポリフェノールです。ポリフェノールというのは、植物に含まれる抗酸化成分。高血圧や動脈硬化、心臓病などを防ぎ、若々しい身体を保つようにはたらきます。もちろん美肌にも。特に蕎麦ポリフェノールは、脳の記憶細胞が死滅するのを防ぎ、ボケ予防に効果があるとされています。

ほかにも、肝臓の健康をまもるコリンや、老化防止に役立つビタミンE、疲労回復にはたらくビタミンB1、皮膚や粘膜を健康にするビタミンB2などのビタミン類も豊富です。

蕎麦のあとの蕎麦湯にも注目。もともと蕎麦屋ではお茶は出さず、かわりに出していたのが蕎麦湯でした。蕎麦湯には水溶性タンパク質をはじめとする栄養素が溶け出しています。蕎麦の後は、おいしいだけではなく、栄養もある蕎麦湯で締めくくるのがおすすめ。

このページのトップに戻る